実は、きゅうりが嫌いです。

子供の頃からきゅうりが嫌いで食べられませんでした。

なぜ、嫌いなのかと聞かれても明確な根拠や理由を述べる自信は
ありません。

ただ、味や臭いが口にあわないのです。

そう思うと、人の好き嫌いというのは論理的ではなく、感覚的な
もので、理由はないのかなと思います。

先日、きゅうり好きな人が、「きゅうりのおいしい理由」を一生
懸命に私に説明してくれましたが、全然納得がいきませんでした。

それは、まさしく論理的に理解するものではなく、感覚的に合う
か合わないかという世界のものだからだと思います。

夏は、きゅうり嫌いにとって危険な季節です。なぜなら夏野菜と
いうことで、いたるところに予告なく出現することがあるからで
す。

特に、細かく刻まれたきゅうりが食材と共に混ぜられていたら絶
望的です。

それらを排除することが困難であるし、すでに食材全体にきゅう
りの味と臭いが絡み合ってしまっているからです。

夏の大好物の1つに、冷やし中華があるのですが、もちろんオー
ダーする時に「きゅうり抜きで」を忘れずに言います。

ある時、一緒に食事をしていた人が「きゅうりが嫌いなのですか
、冷やし中華はきゅうりがメインなのに」と言われました。

ええ~、冷やし中華はきゅうりがメインだったのかと衝撃を受け
ました。

私はメイン抜きで冷やし中華をずーと食べてました。

それで冷やし中華好きと言えるのか、しばし悩みましたが、おそ
らく私はきゅうりの入った正統派の冷やし中華の醍醐味を味わう
ことはないでしょう。

でも、私はきゅうり抜きの冷やし中華が大好きなので食べ続けた
いと思います。

雨が降りそうな時の靴は?

大阪は、梅雨入りしてから本格的な雨は降っていないようです。

雨が降らないと水不足が心配されますので、もうそろそろひと雨
ほしいところです。

さて、女性にとって雨降り用の靴は悩みのタネであります。

朝からドシャ降り雨なら、レインシューズや多少汚れてもかまわ
ない靴の出番となるでしょう。

しかし、雨が降りそうなビミョーな天気の時はどのような靴を履
けばいいのか迷ってしまいます。

まして、人と会う予定があり、おしゃれをして出掛ける時は服と
靴とのバランスは気になるところです。

弊社が最近発売したサロンドグレーオールウェザーシューズはシ
ンプルなデザインのヒールパンプスが中心でコーディネートしや
すいのが特長です。

又、撥水性のある素材を表面に使用し、裏面にも水の侵入を防
ぐフィルムを貼っていますので多少の雨は大丈夫です。ただミシ
ン目等から雨がしみこむことも考えられますので完全防水ではあ
りません。

少し宣伝っぽくなってしまいましたが、雨が降りそうな時の靴の
悩みに少しでもお役に立てればと思い開発致しました。機会があ
れば是非お試しください。

エスカレーターでの立ち位置

最近よく出張に行きますが、エスカレーターでの立ち位置が大阪
とは違います。

大阪では、進行方向に向かって右側に立ちますが、東京では左側
に立ちます。

その他の都市でも、東京と同じように左側に立つルールが確立さ
れています。

いつの頃から、このようなルールが暗黙のうちにできてしまった
のか定かではありませんが、急いでいる人にとってはありがたい
ルールだと思います。

人の流れに身をまかせていると、それほど右か左か迷うことはな
いのですが、自分の前方に誰もいないと一瞬どちらに立てばいい
のかわからない時があります。

いちばん興味深い場所は、東京から帰ってきた時の新幹線の新大
阪駅です。そこは2Fがホームになっていて、1Fの改札口へ降り
るエスカレーターでは必ず立ち位置が全員左側(東京ルール)な
のです。

しかし、改札を出て地下鉄へ降りるエスカレーターでは全員右側
(大阪ルール)に立っています。それも何の違和感もなく体が反
応して、数十秒の間に体内時計を大阪モードに変えていっている
ようです。

私はこの瞬間が実は好きです。大阪に帰ってきたことを実感する
からです。

もし、新大阪駅でヒマをもてあますことがあればエスカレーター
をチェックしてみてください。

犬のシッポ

犬がペットとして人気が高いのは、シッポのせいではないかと個人的に
思っています。

喜んでいる時はシッポを振り、怖がっている時はシッポを隠すといった
感情がこれほどまでに表にあらわれる動物は犬以外にはないような気が
します。

だから、御主人様にシッポを振り振り、寄り添ってくる姿は素直で従順
なペットを求める人間にはうってつけだと思います。

もし、人間に犬のシッポのように感情が表にあらわれるものがあれば歴
史はどうなっていたのでしょうか?

正直な感情が周りにわかると、いいこともあるけれども都合の悪いこと
もたくさんあるような気がします。

日本も含め世界の歴史は権力をめぐる戦いの歴史といっても過言ではあ
りません。

そこでは策略を巧みに行う策士的な人が活躍し、たびたび歴史を動かし
てきました。

しかし、シッポがあれば人を欺くこと自体が不可能であるので、過去の
歴史は大きく違っていたものになっていたでしょう。

又、恋愛面でも大きく変わっていたのではないでしょうか?

相手の想いがわからなくて辛い思いをしたり、自分の想いを悟られない
ように演技したりすることもなくなっていたでしょう。

そのような微妙な心の動きを題材にした小説や映画は共感を得られない
ので作られなかったでしょう。

恋愛面では、よりストレートでダイナミックな展開をしたのではないか
と思います。例えば合コンなどは5分で終了となるでしょう。

もし、そうなっていればやはり味気のない世界になっていたでしょう。

人の感情の奥底は「わからない」から興味がわき、そこに様々なドラマ
が展開されるのだと思います。

ファッション業界、美容業界等はそのドラマの演出には欠かせないもの
です。

私達の靴も、ささやかながら力になれればと、いつも思っています。

「ブラボー」のタイミング

先日、クラシックコンサートに行ったのですが拍手をするタイミング
がけっこう難しいものですね。

有名な曲だったら少しはわかりますが、あまり聴いたことがない曲な
ら音が止んでも「終わり」なのか「途中」なのか区別がつきません。

しかし、聴き慣れている人にとってはそれが簡単にわかるようで、音
が止まった瞬間に大きな拍手をされています。

それを合図に「おお、拍手をするタイミングなのか」と思い拍手が雪
崩のように沸きおこります。

もっと慣れている人は「ブラボー」のタイミングが絶妙です。

曲が終盤を迎え、指揮者が渾身の力でタクトを振りオーケストラ全体
が大きな波のようになり、音を奏でます。

「ジャジャーン、ジャ、ジャ、ジャーン!!」

「・・・」

「ブラボー!!」

拍手が沸きあがり、一人立ち、二人立ち、スタンディングオベーショ
ンで指揮者とオーケストラを称えます。

演奏が終わって約1秒の静寂の後の「ブラボー」

これが絶妙な間でした。

「ブラボー」の声がきまった人も、さぞかしうれしかったのではない
かと思います。

そこで妙に声が裏返ったり、かんだりしたら観客もしらけてしまった
だろうと思います。

もしかしたら「ブラボー」のかけ声を家でCD相手に練習しているの
かも知れません。そう思うとクラシックコンサートに行く楽しみがも
う一つ増えたような気がします。

今や貴重品のマスク

新型インフルエンザの流行により、全国的にマスクが品切れ
状態になっています。もちろん大阪でもどの店にもなく、入
荷するとすぐ売り切れになります。

先日、ある薬局でこんな事がありました。

「マスクはありますか?」

「あいにく品切れです」

「そうですか、、、」と帰りかけたところ

「お客様!今この栄養ドリンクを買えばマスクを1つ差し上
げています」

な、なぬ~  これは抱き合わせ販売ではないか。

昔、米不足の時にタイ米とセットでしかお米が買えなかった
ことを思い出しました。今や貴重品となったマスク、今年の
お中元では贈りたいもの、贈られたいもののトップはマスク
かも知れません。

「○○さんのためにマスクを御用意致しました」
「おおー、これは入手困難の医療用高性能マスクではないか!」
「はい、あらゆるルートを使い手に入れました」
「なかなか気の利く奴じゃのう よきにはからえ」

こんなことが近い将来あるかもしれません。

ネット上ではプレミアがついて売られているマスクですが台
湾政府が大阪府と兵庫県に対し各10万枚のマスクをプレゼ
ントしたらしいです。暗いニュースが多い中、心温まるニ
ュースでした。

下取りセールにみる消費者心理

靴の下取りセールが大人気です。
4月東京都内の大手百貨店が始め大変話題になりました。
次々と同じような下取りセールが全国各地の百貨店で企画
されてどこもかなり盛況であると聞いております。

興味深いのは割引率からするとそれほど驚くような値引き
でないにもかかわらず大勢のお客様の心をつかんでいる点
です。

まず第一に下駄箱には不要な靴がいっぱいあり、きっかけ
があれば捨てたい、整理したいと思っている人が多数いる
ということだと思います。

そして「靴を捨てる」という行為が自治体によって様々だ
と思いますがけっこう「面倒くさい」ことになっているの
ではないでしょうか?

不要な靴を割引券と交換してもらえる下取りセールは「も
ったいない」という理由だけで捨てられなかった不要な靴を
罪悪感なく捨てられる絶好の機会と思われたからこれほど
人気が出たのではないでしょうか?

おそらくこの各地でくり広げられている下取りセールによ
り靴が数十万足捨てられることになるでしょう。これは靴
業界にとっては大変喜ばしい事です。
なぜなら下駄箱に空きができると新しい靴が欲しくなるか
らです。

そもそもショッピング、買い物というものは楽しいもので
なければいけません。マスコミが連日不況のニュースばか
り流すので消費者心理は冷えています。つまりお金を使う
こと(ショッピング、買い物)が社会悪のように思われて
しまっています。

そうではないのです!

新しい服や靴を買いおしゃれをすることは人生にとって非
常に大切なことだと思います。特に女性にとっては外見的
にも精神的にも大変重要なことだと思います。

マーケティングの見地からみても欲しいものを提供すると
いうよりも、買い物をする罪悪感の軽減というアプローチが
日本の消費者には有効ではないかと思います。

さあ皆さん!
下駄箱を整理して新しい靴を買いに行きましょう!

『うっかり』と『しっかり』

人はたまにはうっかりするものだと思います。人から頼まれていたことを
忘れたり、指示とは違うことをしてしまったり、内容はさまざまであると
思います。私ももちろんうっかりしてしまうことがあります。     

では、頻度はどのくらいが普通なのでしょう?もちろん人により様々だと
思いますが、1ヶ月に1回位が平均的なのかなという印象です。
仮に1ヶ月に1回うっかりすると仮定すると社員が30人の場合、毎日誰
かがうっかりしてしまいます。社員が60人の場合2人の社員が毎日うっ
かりします。

社長の私の下へ「うっかりしました」と報告しに来る社員は「普段はしっ
かりしているけれどたまたまうっかりしてしまった」といった感じだと思
います。しかし、上記の様な仮定で考えると私にとって「たまたまうっか
り」ではなく「またまたうっかり」ということになります。

私は人がうっかりすることを責めようとは思いません。人間である限り仕
方がないと思うからです。しかし、「うっかり」したことをまわりの人た
ちが「しっかり」とサポートしてあげれば改善できる点はいっぱいあると
思います。

具体的には革の裁断ミスを次の工程の人が気づく、伝票の記入ミスを
出荷担当者が気づくといったことです。つまり自分の目の前の仕事が
指示通りになっているのかを確認する作業がいろいろなミスをカバー
できる唯一の手段だと思います。                    
「人は持ちつ持たれつ」という意識の下、「うっかり」を「しっかり」とカバ
ーしていける会社にしたいと思っています。

機内オークション

先日、地方へ出張に行くために伊丹空港から飛行機に乗った時の事です。
搭乗時刻近くになりゲートに乗客らが集まりだした時にアナウンスが
聞こえました。

その内容は予約数が搭乗可能数を上まわっており、お急ぎでない人は
次の便に乗っていただけないかという旨でした。
そのお礼に10,000円をわたしますという内容でした。いわゆるオーバー
ブッキングです。

しばらくすると数名が名乗り出て次の便への乗り換えの手続きをしてい
ました。その他の乗客は搭乗を開始し、全員がシートベルトを着用し、
あとは離陸を待つのみといった瞬間、前方の乗務員があわただしい動き
をしはじめ、アナウンスが聞こえました。

「誠に申し訳ございませんが、次の便にてご搭乗いただけるお客様を再度
探しております。どなたかお願いします。」
あわてる乗務員、静まり返る機内、、、
私もこの便に乗らなければ打ち合わせに間に合わないので黙っていました。

すると乗務員の中でも上司らしき女性がマイクを握りこう言いました。
「通常10,000円のところ15,000円でどうでしょう?」
「マジですか?」私は心の中で叫んでいました。このまま値は上がるのか、、、

異様な緊張感と静寂が機内をつつんでいます。この沈黙が長ければ長くなる
ほど手を上げる人も上げにくくなります。誰か何とかしてくれというムード
が最高潮に達した時、子供連れの若い奥さんがおもむろに「では、私が、、、」
と手を上げてくれました。機内の乗客が一斉に心の中で拍手をした瞬間
でした。

しばらくすると中年の女性が満面の笑顔で乗り込んできて、譲ってくれた席に
つきました。もしあの時、誰も名乗り出なかったらいくらまで値は上がったの
だろう。上がり続ける値を聞いて乗客の対応はどうなったのだろう。高い値で
手を上げた人はボランティア精神あふれるヒーローなのか?お金に執着する
守銭奴なのか?評価が分かれるだろうなと思いながら機上の人になっていました。

 

 

会社は誰のために?

私は本を読むのが好きで、いい本に出会うととても幸せな気分になります。
今年読んだ本でずば抜けてすばらしい本は「日本でいちばん大切にしたい会社」
でした。

ベストセラーなので知っている方も多いでしょうが、感動で心が震える一冊でした。
著者が5つの会社のストーリーを紹介していくのですが読んでいる途中で涙が
あふれてとまりませんでした。

その中で、いちばん私の心に響いたのが会社の使命は「社員とその家族を幸せにする」
ことが第一であるという一節です。
所属する組織への満足度が高くなければ、お客様が期待する商品やサービスを
提供することができないということです。

つまり、社員満足度を高めることが必然的に顧客満足度を高めることにつながることに
なると思っています。

まだまだ未熟な経営者ですが、もっともっと社員とその家族に笑顔を増やしお客様に
喜んでもらえるような会社にしたいと思っています。