大人のカタチ

明治時代以降、140年あまりにわたって「満20歳」とされてきた成人の定義が見直されることが決まりました。

現行の20歳から18歳に成人年齢を引き下げる改正民法が国会で成立し、2022年4月に18歳、19歳も新成人となる見通しです。

しかしながら、飲酒や喫煙、公営ギャンブルは20歳未満禁止を維持するため18歳になったからといってお酒は飲めず、タバコも吸えず、ギャンブルもできません。

できるのは有効期間10年のパスポートを作ることができるくらいで、いわゆる世間でいう大人の仲間入りという感じではないのです。

私が最も心配するのが成人式です。

毎年1月に全国で開かれる国民的なイベントには着物、着付、メイク、写真といったビジネスの人がたくさん携わっています。

18歳が新成人となると、ほとんどの人が高校3年生在学中で、1月の成人式シーズンには大学受験の本番前となりそれどころではありません。

着物を着る人が少なくなっている中で、着物業界にとっての成人式の振袖需要は一大イベントです。

せめて成人式がすたれても、お酒、タバコ、ギャンブルが解禁となる大人記念式のようなイベントを着物を着て祝うカタチで定着できればいいなと思います。

チコちゃんに叱られる!

「チコちゃんに叱られる!」(NHK総合) は毒舌な女の子チコちゃんが普段見過ごしている素朴なギモンを解説してくれるクイズバラエティー番組です。

2017年より単発での放送が始まり、2018年4月からレギュラー放送になりました。

好奇心旺盛でなんでも知っている5歳の少女チコちゃんが岡村隆史をはじめとする大人に素朴なギモンのクイズを出題します。正解できなかった大人は「ボーっと生きてんじゃねえよ!」とチコちゃんにすごい勢いで叱られてしまうのです。

「人と別れるときに手を振るのはなぜ?」「セピア色のセピアって何?」など、普段考えもしない事を出題されるので、ほとんどの大人は叱られてしまいます。

そもそもの企画の原点は「素朴なギモンに答えられない大人たちを5歳の女の子が叱り飛ばしたら面白いのでは」というところから生まれました。

プロデューサーはフジテレビで「笑う犬」シリーズを手掛けた共同テレビの小松純也氏。

民放バラエティーのキワを知っている方を起用する大胆さにNHKの変貌ぶりを感じます。

加えてチコちゃんのCG合成が半端ないのです。

眉毛や目、口元が表情豊かに変わるだけでなく、瞳に映り込むライトや頭の照り返しなども動きにぴったりと合っているのです。

NHKアートが最新のCG合成技術を使っているとのこと。

まだみたことのない人は是非一度みて、チコちゃんの「ボーっと生きてんじゃねえよ!」という叱りっぷりを感じてもらいたいと思います。想像以上ですから。

コインパーキング

先日、たまに利用するコインパーキングに駐車しました。

思っていたよりも用事が早く済んだので車を出すために精算機に向かいました。

駐車番号は確か18番だったよなと思いながらも少し不安になりました。

そこのコインパーキングは古く、地面の番号表示がはがれていて見づらいのです。

再度確かめに行こうかと思いましたが、私の後ろに年配の女性が早くしろと言わんばかりにプレッシャーをかけてきます。

18番と確定ボタンを押し、表示は600円でした。少し高いなと思いながらも払いました。

車の駐車場所に行くとフラップが降りていません。なんと私のとなりのフラップが降りていたのです。

まさかと思い、地面の表示番号をみましたがよくわかりません。しかし私の横の表示番号が20番とかろうじて読めました。

そうです。私は19番だったのです。

しまったと思っても後の祭りです。

気をとり直して19番で精算すると、なんと100円。

18番の人に安い理由は私が払ったからですと伝えたかったですが、不審者と思われそうなのであきらめました。

自動・省力化

多くの産業で人手不足が課題となっている中、自動化・省力化できるビジネスモデルが模索されています。

最近、コンビニが閉店し、最新型コインランドリーが入居したという話を聞きました。

その最新型コインランドリーは、23キロも投入できる洗濯機や乾燥機がずらりと並び壮観な感じさえします。

客自身がマニュアルを読み、機械のボタンを押すセルフ方式なのでスタッフは一人もいません。

深夜2時になると自動ドアが開かなくなるなど、全てが自動化されています。

コンビニでは24時間、スタッフの手配をしなければならず、オーナーの気苦労は相当なものであると想像します。

コンビニもコインランドリーもフランチャイズが多いと聞くので、オーナー側からすると人手の問題から解放されるのはかなりの負担軽減になるのではないかと思います。

そういえば、病院の受付や精算、ホテルのチェックイン、チェックアウトも機械化されているところが多いです。

駅改札や高速道路の料金所から人がいなくなり、自動化されてきた歴史をみると、その流れは続いていくのだろうと思います。

いちご大福の粉

聞いた話です。

男性上司と女性部下がお客さんのところへ向かう途中で何気ない会話がかわされていました。

女性部下 「いちご大福は本当においしいですね。」

男性上司 「おいしいね。」

女性部下 「お店で売ってたら思わず買って、すぐ食べてしまいます。」

男性上司 「そうだね。そんな時もあるよね。」

ひとしきりいちご大福がいかにおいしいかを話しながらとあるオフィスビルのエレベーターに乗り込みます。満員のエレベーターの中で女性部下は続けます。

女性部下 「歩きながらいちご大福を食べると口の周りに白い粉がつくじゃないですか?そ れって気になります?」

男性上司は満員のエレベーターの中で話し続ける女性部下にあぜんとしました。この話を早く切り上げたい男性上司は言いました。

男性上司 「気にならない。」

シーンとしたエレベーター内に突き刺さる視線。

全員がこの話を聞いていて、その答えに反応したのです。

その男性はエレベーターが到着するまで「口の周りについたいちご大福の粉を気にしないデリカシーのない男性」という烙印を押され、冷たい視線にさらされました。

もし自分が同じ立場なら、どう言っただろうかと悩みます。満員のエレベーターに乗る時は少し緊張してしまいます。

未来都市の姿

中国が北京市近郊に作り上げる未来都市がすごいのです。

なんと個人の乗用車を世界で初めて全て自動運転にするというもの。

そのために道路や鉄道などの交通インフラを地下に作り、地上の歩行者や自転車と出会わないようにするというのです。

今年3月に米アリゾナ州で実験中だったウーバーテクノロジーズの自動運転車が歩行者をはねて死亡させる事故が発生し、想定外の条件への対応の難しさを浮き彫りにしました。

世界各国ではドライバーの注意や監視を前提とするジュネーブ条約やウィーン条約が足かせになり、自動レベルの高い車を実用化する法整備が進んでいないという現状があります。

中国は両条約とも批准してしておらず、共産党がこうと決めれば法規制などの環境は一気に整います。

新しい都市をゼロから作り上げるというプロジェクト。

国土の隅々まで鉄道や道路を張りめぐらしている日本では想像もできない計画です。

面積は東京都と匹敵する2千平方キロメートル規模で、人口は200万人以上を見込んでいます。

2035年に完成する未来都市、是非行ってみたいです。

身体感覚

ある理系の方は、食事をとる時に栄養バランスだけを考えてタンパク質、炭水化物、ビタミン食物繊維、カロリーをチェックしてメニューを選んでいるそうです。

今日何が食べたいという欲求はゼロだそうです。

焼肉、トンカツ、ラーメン、ギョーザ等のメニューには興味がなく、食物に含まれている栄養に関心があり、適正かどうかに選択のポイントがあるのです。

何に興味があり何に関心があるかは人それぞれの自由ではありますが、今日自分は何が食べたいかがわからないというのは少し変な気がします。

自分の内側に対する気づきである身体感覚が疎かになっているのではないかと思います。

身体感覚が希薄になると健康を維持するために身体が発しているサインを見落してしまいます。

長時間のパソコンやスマホ操作のあとで眼や肩こりに気づくことがありますが、操作中は気づきません。

その間、身体にむける心のベクトルを失っているのです。

今、自分の身体が何を求めているかに気づくには、ほんの少しの間、外からの情報を断ち内なる自分に意識を向けることから始められるのではないかと思います。

音楽家ではありません

先日、佐渡裕さんが指揮するオーケストラコンサートに行ってきました。

佐渡裕さんの恩師であるバーンスタイン氏の生誕100年を記念して、ウィーンのトーンキュンストラー管弦楽団を率いての日本ツアーです。

佐渡裕さんは年末恒例の1万人の第九や「題名のない音楽会」というTV番組で有名ですが、私自身生で聴くのは初めてでした。

佐渡さんの情熱的な指揮はすばらしく、強い音や弱い音を自在に操り、激しい雷雨や牧歌的な田園風景を思い起こさせる見事な演奏会でありました。

同じオーケストラでも指揮者によって全く違うといわれますが、指揮者の力量は演奏者の能力をいかに引き出せるかで決まると思います。

その点、2015年からトーンキュンストラー管弦楽団の首席指揮者を務めている佐渡さんは楽団の良さを最大限引き出しているのだと思います。

実はコンサートホールに入る前にこんな事がありました。

私の少しうしろで2人の女性がささやくのが聞こえました。

「ほら、前の人、有名な人とちゃう?」

「ほんまや、名前が出てこないけどそうやわ。」

「違います。私はその人ではありません。」と私は心の中で叫びました。

白髪まじりの長髪の風貌からなのか、時折、音楽家と間違われることがあるのです。

幸い、声をかけられることもなく事なきを得ましたが、もし次回同じような事があればどう対応しようかと悩むところです。

一万円選書

北海道砂川市にある、いわた書店の一万円選書。

年に数回ホームページで募集し、店主の岩田さんがその人のために厳選した本を届けるというサービスです。

約3000人待ちという大人気のこのサービス。当選した人はカルテを記入します。

その内容は年令、家族構成、心に残った20冊の本、今までの人生でうれしかったこと、苦しかったことなど様々な質問があります。

応募する方は人生に悩みをかかえている人が多く、カルテを書くことによって悩みと向き合い、自らを客観視するようになるそうです。

そのカルテをみて店主の岩田さんが永年の読書歴からその人の今に必要な本を一万円分選んでくれるのです。

岩田さんのセレクトはベストセラーやハウツーものはありません。

あまりみたことのないタイトルも多いので、自分ではまず選ばないだろうというセレクションになります。

その中で岩田さんがおすすめしているのが「逝きし世の面影」 という本。幕末から明治にかけて訪れた外国人の記録なのですが、私たちの知らない日本人像が率直に描かれているそうです。

悩める多くの人の心に響いている一万円選書は岩田さんの「本は人生の味方だ」 という思いにあふれています。

AI 対人間

AI対人間の対決というテレビ番組をみました。

タクシー、ファッション、俳句というジャンルでの対決でしたが、結果は三つとも人間の勝利。

しかしその差は僅差でした。ビックデータを読み込み安定した答えを出すAIに対し、人間は意表をつくひねりを加えて勝利しました。

AIの課題はいかに殻を破るかということでした。

裁判の世界でもAIの導入が進んでいます。

過去の判例や大量の法令を読み込んで、ある程度の相場の判決を導くことはAIの得意とする分野です。

しかし、全ての裁判が必ずしも判決という形で決着するわけではありません。

むしろ現実的には、民事裁判は和解で終わるケースが多いのです。

判決では往々にして納得できないという問題が起こりますが、その点和解は納得性が高く、当事者双方が感情的にスッキリするのだそうです。

その和解のキモが「裁判官の絶妙なさじ加減」なのです。

双方の事情をじっくりと聞き和解案を作り、説得するということは人間にしかできないのではないかと思います。