藤田美術館

大阪にある藤田美術館の所蔵品は国宝9件、重要文化財52件を含む数千点にものぼる東洋古美術品です。

明治時代の実業家 藤田伝三郎とその長男 平太郎、次男 徳次郎が収集したコレクションで、それらを社会文化向上発展に寄与したいと藤田美術館は1954年にオープン致しました。

その藤田美術館が6月11日までの展示を最後に長期休館致します。

施設の全面建替えを予定しており、2020年の開館を目指すそうです。

藤田伝三郎は世間ではあまり知られていないと思いますが、幕末の動乱期、高杉晋作の奇兵隊に入隊、木戸孝允、井上馨、山縣有朋らと親しくしており、様々な事業を展開していました。

当時の関西財閥の重鎮で三井、三菱と並ぶくらいだったそうです。

藤田伝三郎の大阪本邸は太閤園、東京別邸は椿山荘、箱根別邸は箱根小涌園、京都別邸はホテルフジタ京都であったことからも藤田財閥の勢いがうかがえます。

その藤田コレクションの中で特筆すべきは曜変天目茶碗です。

瑠璃色の曜変と呼ばれる斑文は、まるで宇宙に浮かぶ星のように美しい輝きを放ち、品のある華やかさの中に落ち着きがあり、「器の中に宇宙が見える」と評されています。

曜変天目茶碗は南宋時代の中国で作られたとされていますが、現存するものは世界で3点のみ。そのすべてが日本にあります。

日本では室町時代から唐物の天目茶碗の最高峰と位置付けられ、時の権力者の所有物となっていました。

2020年、新しくなった藤田美術館で曜変天目茶碗を見てみたいです。

海北友松

海北友松(かいほうゆうしょう)は桃山時代の絵師ですが、その時代に活躍した狩野永徳、長谷川等伯にくらべてあまり知名度はありません。

友松は近江の浅井家の有力武将の息子として生まれます。

時は戦国時代です。3歳の時に父が戦死し浅井家は滅亡、兄達も討ち死にしました。

その後、京都・東福寺で禅僧となりますが、和尚の勧めもあり狩野派に入門します。

師匠の永徳が亡くなった後は独自の世界を展開します。

彼が画壇で頭角を現すのは60代になってからで、非常に遅咲きの絵師です。

京都・建仁寺の大方丈の間に描かれた「雲龍図」は縦2メートル近い画面の8面構成で「日本一の龍」と呼ばれています。

又、最晩年の水墨画の「月下渓流図屏風」は月明かりに照らされた春の宵の情景が見事に表されています。

上記の作品をみても友松が狩野永徳、長谷川等伯に影響を受けていることは明らかです。

しかし、友松は永徳や等伯のように自分の流派を広げようとはしませんでした。

そのようなことには関心はなかったようです。

武家出身の矜持、そして茶の湯や連歌に親しむ教養人としての誇りがそうさせたのかもしれません。

そんな海北友松の特別展覧会が京都国立博物館で4月11日から開催されています。

興味のある人は是非どうぞ。

 

ラ・ラ・ランド

「ラ・ラ・ランド」はゴールデン・グローブ賞の7部門、アカデミー賞の6部門を受賞した大ヒットミュージカル映画です。

ストーリーは売れないジャズピアニストとまだ芽の出ない女優の出会いから始まります。

ピアニストのセブは注文どうりに演奏しないので仕事が長続きしません。

女優の卵エマはオーディションに落ちてばかり。

しかし、二人の心の中は夢でいっぱいなのです。

セブはエマのために夢をあきらめようとしますが、エマはそんなセブを許せないのです。

観ている誰もが若い頃に経験したことがありそうな既視感。

美しいロサンゼルスの風景に対比して描写される厳しい現実。

夢を追うのか、現実的に妥協するのか、観客の胸に突き刺さります。

人生を振り返った時に、あの時あの決断をしていればどんな人生になっていたのだろうと思うことは誰にでもあると思います。

若い人よりも、長い人生を歩まれた人の方が心に染み入る映画かもしれません。

ジャーニー

ここ数年、若い頃によく聴いていたアーティストが来日するとコンサートに行ってました。

ディープ・パープル、TOTO、BOSTON、ABC等、80年代ロックバンドが中心です。

そして昨年、アースウインド&ファイアーが来日するニュースを聞き、これは行かねばと思っていたのです。

しかし、ボーカルのモーリス・ホワイトは亡くなってしまっているので少しためらってしまいました。

それが運のツキ、やっぱり行こうと思った時にはチケットが完売していました。

コンサートに行った人に感想を聞くとすごくよかったとのこと。

メンバーももう高齢なので次回は難しいかもと、悔しさをかみしめていました。

そんなところでジャーニー来日のニュースが・・・

ジャーニーの顔ともいうべきボーカルのスティーブ・ペリーはいないけれど、行こうという今回の決断は早かったです。

コンサートはオープニングの「セパレイト・ウエイズ」から「オープン・アームズ」 「ドント・ストップ・ビリーヴィン」等ヒット曲メドレーで、昔によく聴いていた頃の記憶がよみがえります。

新しいボーカルのアーネル・ピネダの声も往年のスティーブ・ペリーの声とよく似ていて、目を閉じると遜色ありません。

しかし、聴き込んでいくと何かが違う。別人だから仕方がないのですが、息づかい、くせ、オーラ等、違いが気になりだします。

「百万人に一人の声」と多くの音楽関係者が称賛したスティーブ・ペリー。

彼の存在の偉大さを痛感したジャーニーの来日公演でした。

 

もみじの永観堂

京都にはたくさんの紅葉の名所がありますが、その中で別格と呼ばれているのが永観堂です。

先日、はじめての訪問が叶いました。

その紅葉の美しさは、私の想像をはるかに超えるものでした。

赤、オレンジ、緑と絶妙な色のコントラスト。

東山を借景として広大な敷地に広がる数百本の紅葉。

紅葉の美しさをひきたてるように配置された寺院や池。

私が今まで見てきた紅葉の中で一番壮大で美しい光景でした。

永観堂の正式名称は禅林寺で創建は863年、千年以上もの輝かしい歴史のある京都有数の古刹です。

創建後約200年を経て、幼少より秀才と呼ばれた永観律師が住職になりました。永観律師は恵まれない人たちのために奔走し、たくさんの人たちを救いました。

永観律師を慕う人々によって、禅林寺はいつしか永観堂と呼ばれるようになったそうです。

永観堂のご本尊は首を左にかしげ、ふりむいている「みかえり阿弥陀」です。

遠い昔、永観律師を穏やかな笑みをうかべ、励ましている姿がそのままあらわされているといわれています。

永観堂の紅葉とみかえり阿弥陀、是非おすすめしたい名所です。

おや?

上記のタイトルを聞いてピンとくる人はポケモンGOをしている人でしょう。

ポケモンGOでタマゴをふ化させている時に「おや?」という表示が突然出てきて、タマゴからポケモンが生まれます。

何が生まれるかはわからない瞬間なので、私は一番ワクワクする時間です。

しかし、すでに持っているポケモンが出てくるとがっくり感につつまれます。あれほど歩いたのに・・・

ゲームをしている人なら、この感情が共有できるのではないでしょうか?

先日のアップデートでポケモンGOは格段に改善されました。

一番の改善点は、運転中の操作に制限がかかったことです。

以前までは「私は運転者ではありません」というボタンを押すと操作が可能でした。

そのため事故も起きていました。改善に心から拍手です。

世界中で愛されているポケモンGO。日本では若者よりも中高年に人気です。

自分のペースでできる、遊び方が単純、課金ではなく歩くことでレベルが上がる等が受けているのでしょう。

日常的な運動不足をポケモンGOで解消する方法が今の自分には合っているような気がします。

キンキーブーツ

トニー賞6部門受賞の大ヒットミュージカル「キンキーブーツ(来日版)」を観ました。

もともとは2005年のイギリス映画で、靴工場が舞台のストーリーなので昔に観て印象深かった映画でした。それがミュージカルとしての来日です。

「キンキーブーツ」とは女装用ブーツという意味で、倒産しかけのイギリスの老舗紳士靴メーカーが起死回生策として、ニッチ市場であるキンキーブーツにかけて再生するというストーリーです。

それは靴工場を父親の急死により継いだ若社長チャーリーがドラァグクイーン(女装する男性)ローラと出会うところから始まります。

女性用の靴を無理やりはいていたローラをみて、チャーリーはキンキーブーツを作ることを決心します。

ローラをデザイナーとして迎え、キンキーブーツを作ります。

しかしそこには難題が・・・

男性の体重を支えるにはヒールを太くしないといけない。しかしローラはセクシーなピンヒールでないと意味がないと主張します。

製造上、非常に難しいことは同じ靴製造業としてわかります。なんとかヒールを補強して問題をクリアしていきます。

ミラノの展示会でキンキーブーツをはいて踊りまくるドラァグクィーン達。

その姿は圧巻で、とても楽しい気分になりました。

笑いあり涙あり、自分らしく生きることの大切さを再確認させてくれるミュージカルでした。

 

捨てられないもの

不要な物を減らす断捨離がブームですが、なかなか捨てられないものもあります。

悩ましいのは、今後使うことがないと断言できるのに捨てられないものです。

発見するまではその存在自体も忘れてしまっていたのに、偶然に発見してしまい、捨てられずにいる想い出の品々。

1つ目はカセットテープです。

レコードの時代ではカセットテープに録音して聴くのが主流でした。今は聴きたくても再生するカセットデッキもありません。しかし、若い人の間でカセットテープがにわかにブームになっているそうです。もしかしてブーム再来かと思うと捨てられそうにありません。

2つ目はベースギターです。

若い頃に弾いていたのですが、アンプもないし弦もボロボロ。明らかに無用の長物ですが、想い出がつまった一品なので捨てる勇気が出てきません。

3つ目は腹話術の人形です。

もうほとんど忘れてしまっていたのですが若い頃、腹話術の人形を使って、場を盛り上げたりした記憶があります。今考えると、とても寒い思い出です。しかし人形に罪はなく、その愛らしい表情をみていると捨てることはできません。

捨てられない苦悩はまだまだ続きそうです。

君の名は。

大ヒット上映中の映画 「君の名は。」を観ました。

満員の客席のほとんどは10代の世代かと思われます。

こんなオジサンが観に来るのは場違いかなと思いながら、観ましたが途中から妙に感動してしまい、最後には涙にくれて立つこともやっとの情けない状態になってしまいました。

世代によって感じ方は様々だと思いますが、ストーリー、映像、音楽とのコンビネーションが素晴しかったです。

観た人のほとんどが「人に勧めたい」 と言っているのを聞くと、ロングランのヒットとなるのは確実のような気がします。

都会と田舎、女性と男性、大人と大人になりきれていない世代、昼と夜といった対比のコントラストがうまく描写され、あらゆる世代の様々な想い出の共感となっているのではないでしょうか?

どこか懐かしく感じる自然の風景、主人公が独り言のようにつぶやくモノローグ・・・ どこかで見たような・・・

新海誠監督のインタビューを聞いて、その疑問が解けました。

昔の大人気ドラマ 「北の国から」 にインスピレーションを受けたと。

私たちの世代はそこに反応したのかも知れません。

シン・ゴジラ

大ヒットしている映画 「シン・ゴジラ」 を観ました。

総監督・脚本はエヴァンゲリオンの庵野秀明氏。

劇場は予想外の満員で、老若男女、様々な人たちでいっぱいでした。

私の感想は想定外のおもしろさでした。

これは怪獣映画ではなく、災害シュミレーション映画です。

ゴジラは他の怪獣たちと戦って地球を救うようなゴジラではなく、人類を脅かす恐怖の象徴として描かれており、日本政府の対応が妙にリアリティーがありました。

官邸に省庁寄せ集めの対策会議を設けても 「想定外で」 と右往左往。

事態は急変しているのに、官僚の作文棒読みの報告や無駄な有識者会議のリスクをとりたがらない対応等でなかなか前へ進まない閉塞感がとても日本的であると感じました。

又、米国をはじめとした諸外国の対応も今の日本をよく表わしていると思います。

余計な恋愛や家族要素を意図的に排除して、事態の行方のみに集中できたのも好印象でした。

ただ、演出の一つだと思われますが、早口で専門用語の多いシーンは話の筋を理解するには難しく感じたことも事実です。

それがこの映画の本質をわかりにくくして、評価が二分されている理由だと思います。

そこだけがとても惜しいです。